ワクワクを作る

故郷・美祢に「食」と「音楽」で恩返しを

美祢線に佇む秋山尚登

僕は中学卒業まで美祢市で暮らし、卒業後に美祢から出て行きました。たまに帰省しても、人はいないし、遊ぶところはないし、することもないと、歳を増すごとにどんどん地元への愛着も薄れていきました。

きっかけは同窓会

今からちょうど一年前。十数年ぶりに小中学校の同窓会がありました。

共通の話題である過去の話でみんなで大いに盛り上がりました。そしてそれぞれの現状を報告し合い、全国に散らばった同級生の活躍ぶりをみんなで大いに喜びました。

そんな会話のなかで、美祢在住の女の子が、少しだけ寂しそうに呟いたんです。

「外で得た知識や技術を、美祢市の為に使ってほしいな…。」

ちえちゃんに初恋したのも、毎日本気で野球してた消防署の横の公園も、何もないのに行きたくなる場所エポックも、全ての思い出はこの『美祢』であった事なのに、この『美祢』に感謝をしていなかった事に気付かされました。

『そうか、俺達は美祢市で生かされてもらってたんだ。』

あの一言で、今までなかった感情が溢れ出し、パズルのピースが一つはまったような気がしました。

故郷・美祢に恩返しを

弁円池を眺める秋山尚登

現在、焼鳥屋の大将として働く私が、地元の為に出来る事。地元の人が喜んでくれる事。そして、自分が楽しく出来る事。

生まれ育った「美祢」に感謝・恩返しするため、一年越しの感情を形にするため僕は動き出します。

美祢になかったものを作る

美祢市の桜公園僕が先日、焼鳥一力としてある飲食イベントに出店した時のことです。なんの変哲も無い商店街に流れる大音量のレゲエミュージック。普段決してレゲエミュージックに触れることのない老若男女がレゲエミュージックをBGMに美味しい食べ物とお酒を楽しみ。その笑顔溢れる最高の空間を経験し改めて「音楽の力」を実感しました。

桜公園に立つ秋山尚登

僕の故郷である美祢にはライブハウスがありません。イベントやお祭りでステージが組まれることはあっても、イベント自体が少ないのが現状です。

音楽に最も興味があるはずの多感な若者たちも、ネットやSNSで情報だけがインプットされるだけで、音楽の醍醐味であるライブを体験する機会がないんです。

美祢市の桜公園広場

僕は決めました。

美祢を「食」と「音楽」で笑顔にする。

これを最初に形にする”ワクワク”にしようと思います。

美祢市初の野外フェス「RISE AGAIN vol.0 in 美祢さくら公園」2018年11月11日(日)に開催した山口県美祢市初の野外フェス「RISE AGAIN vol.0」を振り返ります。...
ABOUT ME
秋山尚登
秋山尚登
株式会社チカラ商会代表。山口県美祢市出身38歳。宇部新川で焼鳥一力(いちりき)を開業しわずか半年で軌道に乗せる。二年後に移転し席数が倍になるも予約が取れない繁盛店へ。圧倒的な行動力を武器に、世界をワクワクさせるべく動き出す。