食べ歩き

COWSI CAMP(コウシキャンプ)-福岡 大名

COWSI CAMP(コウシキャンプ)-福岡大名

最近ステーキが無性に食べたくなっていたのですが、一体どんなステーキが美味しいステーキなのか基準を知りません。

そこで今回は、どんなお肉で、どんな焼き加減で、どんな香りのステーキが美味しいステーキなのかを探りに「コウシキャンプ」に伺いました。

路地裏の名店

コウシキャンプへ続く裏路地

飲食店が並ぶ一角から細い路地を入り、突き当たりの2階のそのまた奥にお目当てのお店を見つけた。

ここに辿り着くま、携帯のナビを頼りに、大人4人掛かりで、あっちでもない、こっちでもないと言いながら街中を歩き回り、結局始めに訪れた場所の2階が店舗だという、無駄に疲れはてた一行はとりあえずビールを求め、店内に飛び込んだ。

COWSI CAMP(コウシキャンプ)のカウンター

18人ほど座れる大きめのコの字形のカウンターがメインで、テーブル席は少しだけ。厨房の真ん中には、キャンプファイヤーの様な焼き台。

照明をやや落とした店内は、大人のデートにピッタリな色気のある雰囲気。これは期待が膨らみます!

ライブ感のあるカウンター

COWSI CAMP(コウシキャンプ)の肉の塊

ビールで乾杯を済ませると、目の前に大きな肉の塊が現れた。本日のお肉はこれで、どのお肉をどれぐらい焼きましょうかと。ジビエもあったが悩む事なく、サーロインとヒレに飛び付いた。

こちらのお店、大きな肉の塊を見せてくれ、お客様にインパクトを与え、目で楽しませ、期待を膨らましてくれる。

胸いっぱいに膨らんだ期待を、今度は目の前で豪快に焼き上げる、ライブ感。

COWSI CAMP(コウシキャンプ)の店内

繁盛店を作り上げる要素を2つも折り込んでいる。

期待が膨らむ。まだかな、まだかな。

COWSI CAMP(コウシキャンプ)の前菜

運ばれて来た前菜が、秒でなくなる。

まだかな、まだかな。

はい、やっときました。

COWSI CAMP(コウシキャンプ)のステーキ

タイムは、1時間20分(涙)

薪を組んで豪快に焼き上げたお肉は、外はパリッパリ。中は旨味を閉じ込めジューシー。香りは薪の香りがしっかりと肉に乗り移り、プラスアルファの楽しみ方をくれます。

ゆっくりと食事を楽しもう

COWSI CAMP(コウシキャンプ)のステーキ

時間がたっぷりある時にデートで使いたいお店です。そんな機会があれば、是非また訪れたいです。

時間が無いときは、選択しない方がいいかも。

まあ、お店側のコンセプトとしても、そんなお客様は望んで無いとは思いますが。

大変美味しく頂きました。

これを、僕のステーキの美味しい基準にさせていただきます。

アクセス・地図など

関連ランキング:ステーキ | 赤坂駅薬院大通駅西鉄福岡駅(天神)

ABOUT ME
秋山尚登
秋山尚登
株式会社チカラ商会代表。山口県美祢市出身38歳。宇部新川で焼鳥一力(いちりき)を開業しわずか半年で軌道に乗せる。二年後に移転し席数が倍になるも予約が取れない繁盛店へ。圧倒的な行動力を武器に、世界をワクワクさせるべく動き出す。